とろん、と音


  とろん、と音


今朝
ぼくの○の中で
音が落ちた

春の音
軽くなる
浅い、春の音

音色は
○○○色だったので
小さい景色の
薄い匂いが
こころに
たちこめた

祈りとは
そんなものかもしれない

○の裏地に
過剰する
時の溜息が
ぼくを、いつものように
町へと押し出すが
今朝は
すこしあたらしいよ
春の音が
とろん、と
落ちた

[PR]

by massena20 | 2008-10-24 20:39

詩誌をまとめてあるブログを発見 >>